株式会社 津軽りんご市場

全国初 りんご専門卸売市場!

株式会社 津軽りんご市場 - 全国初 りんご専門卸売市場!

臨時営業日、精算窓口業務支払い延長のお知らせ

▼臨時営業日について

10月27日(日)、11月10日(日)は、当社カレンダーで休市日となっておりましたが、りんご最盛期につき臨時営業することに決まりましたので、お知らせいたします。

臨時営業日 10月27日(日)、11月10日(日)

    ※但し、両日とも精算窓口業務は休みとなります。

▼精算窓口支払い時間の延長について  

10月15日(火)~11月15日(金)まで、精算窓口の支払い時間を午後6時まで延長します。

 精算窓口支払い時間延長期間

10月15日(火)~11月15日(金)午前8時~午後6時

  ※土曜日、休市日、臨時営業日は支払いを行いませんので、ご注意下さい。

りんご盗難防止・軽トラック交通事故防止合同総決起大会

りんごの盗難被害防止と軽トラックの交通事故防止を目的とした「りんご盗難防止・軽トラック交通事故防止合同総決起大会」が10月8日、当市場で開催されました。  

この日は板柳警察署や板柳町安全運転管理者協会など、11団体約60名が参加しました。成田誠板柳町長、板柳警察署の増田岳樹署長らがあいさつし、一丸となって防犯対策に取り組む必要性を訴え、最後に板柳地区安全運転管理者協会の三戸義仁会長がりんご盗難防止、交通事故防止に向けた決意表明を述べ、閉会しました。  

閉会後、防犯車両によるりんご園地巡回や交通事故防止ののぼりを設置した軽トラックが板柳町中心部などで、道行くドライバーや歩行者へ交通安全を呼び掛けました。  

これからりんご最盛期にかけて、市場構内も生産者や運送業者のトラック、フォークリフトの往来で混雑します。

生産者、買参人など関係者の皆様、市場構内では誘導係員の指示に従い、事故防止のため安全運転に努めて下さるよう、お願いいたします。

りんご集荷場開設のお知らせ

今年も各りんご集荷場を開設します。お近くの集荷場をどうぞご利用下さい。 営業期間、時間等は以下のとおりです。

【五所川原集荷場】

  住  所:五所川原市大字福山字広富113-2(北都観光本社車庫そば)

  電  話:0173-29-3343

  営業期間:9月2日(月)~11月21日(木)頃

  営業時間:午前11時~午後6時

  休 業 日:市場休業日前日

【鶴田廻堰集荷場】

  住  所:北津軽郡鶴田町大字廻堰字下桂井48-1

  電  話:080-5744-5050

  営業期間:9月2日(月)~11月21日(木)頃

  営業時間:午前9時~午後6時

  休 業 日:市場休業日前日

【鰺ヶ沢建石集荷場】

  住  所:西津軽郡鰺ヶ沢町大字建石町字島田146(旧建石小学校)

  電  話:080-5744-5048

  営業期間:9月23日(月)~11月21日(木)頃

  営業時間:午前11時~午後6時

  休 業 日:市場休業日前日

※各集荷場とも営業期間、休業日は業務都合により、変更となる場合があります。 営業期間及び営業時間を確認の上、ご利用下さい。

第23回仮装盆踊り大会

恒例の仮装盆踊り大会(当市場関連団体主催)が8月17日、当市場特設会場で開催されました。

この大会はりんごの豊作祈願と地域の交流を深めるため、1997年より毎年開催されています。

23回目を迎えた今年は町内外から44組(162人)が出場、アニメキャラや忍者など、趣向を凝らした個性的な衣装をまとった出場者は、「どだればち」の生演奏に合わせて息の合った踊りを約40分間披露し、約3,400人の観客を大いに沸かせました。

表彰終了後には出場者、来場者参加のお楽しみ抽選会が行われ、こちらも大盛り上がりとなりました。

 出場者の皆様、そして賞品提供いただいた企業、団体の皆様、ありがとうございました。  なお、上位入賞者は次のとおりです。

【団体の部】   

 ◇踊り大賞  さざんか(原満喜代表)  

 ◇準踊り大賞 扇謡会(荒井春美代表)   

 ◇仮装大賞  うまだべー(小松ゆり子代表)

 ◇準仮装大賞 なんちゃってサンバ津軽美人(木村京子代表)

【個人の部】

 ◇仮装大賞  りんごの華満開(柴田れ子さん)

 ◇準仮装大賞 里帰り娘(中島裕美子さん)

2年ぶりに開催 大相撲夏巡業「板柳場所」

2年ぶりとなる大相撲夏巡業「板柳場所」が8月14日、当社第2卸売場で開かれました。

板柳場所には横綱の白鵬、鶴竜、青森県出身力士の宝富士、阿武咲(ともに中泊町出身)ら約110人が参加しました。

この日は取組のほか、相撲の禁じ手を笑いを交えながら紹介する初切(しょっきり)や相撲甚句の披露、横綱綱締め実演なども行われ、約2,000人の観客は本場所では見られない巡業ならではの催しを堪能していました。

2019年産りんご開市

2019年産りんごの開市が8月3日、当市場で行われました。

この日は買参人120名、生産者2,500名が来場、午前7時30分より競売開始前のセレモニーが行われ、はじめに三和登山囃子保存会による登山囃子で五穀豊穣を祈願し、大中忠社長、成田誠板柳町長ら来賓のあいさつ、手締め、乾杯の後、2019年産りんご最初の競売に入りました。

 多くの関係者が見守る中、「夏緑」、「祝」など1,348箱(1箱20kg入、前年比115.0%)が瞬く間に競り落とされました。品質が良く、業者の買い気も活発だったことから、高値は「夏緑」が6,480円(税込、前年比127.7%)、「花祝」は19,440円(税込、同120.0%)と堅調な相場となり、上々のスタートを切りました。

生産販売交流会、ゴニンカントランプ大会

板柳町の多目的ホール「あぷる」にて7月17日、津軽りんご市場連絡協議会主催による生産販売交流会(組合長会議)が開催されました。

この日は各地区の出荷組合長122名が出席し、始めに弘前市、五所川原市、板柳町など、各地区のりんご生育状況が発表されました。 その後、当社りんご栽培指導室の古坂徳夫室長による「今年産りんごの作柄状況及び今後の管理について」と題した講演が行われ、出席者はこれからの栽培管理や近年問題となっている黒星病対策に役立てようと熱心に耳を傾けていました。

交流会終了後には30団体、180名が参加し、恒例の「ゴニンカントランプ大会」が開催されました。

「ゴニンカン」は津軽地方で古くから親しまれるトランプゲームで、参加者は「ゴニンカン」の醍醐味である絵札を取り合う熱い駆け引きを楽しみながら、日頃の農作業をしばし忘れ、親睦、交流を深め合っていました。 参加された皆様、協賛各社の皆様、ありがとうございました。